リアル ブラウザ監視

リアル ブラウザ監視は、リアル ブラウザおよびトランザクション監視が融合した最新の機能で、実際のブラウザを使用して正確に Web トランザクションを記録および再生できます。

リアル ブラウザ監視とは何ですか?

従来のサイト監視ツールは、サイトの可用性とパフォーマンスを確認するためにブラウザをエミュレートします。これは理想的な条件下のパフォーマンスおよび稼働時間を取得するのには最適な方法です。全ページ監視では、リアル ブラウザを使用して、エンド ユーザが実際に体感しているサイトのパフォーマンスを確認できます。

現在、多くのサイトでは一般に Web 2.0 技術 (Ajax、JavaScript、CSS、および Flash) を使用して、世界中のさまざまな場所からのサイトのコンポーネント間のコラボレーションを実現しています。Web 2.0 サイトの各コンポーネントのパフォーマンスを正確に監視する唯一の方法は、リアル ブラウザを使用して JavaScript を実行することです。各コンポーネントが正しく応答していることを確認することにより、全ページ トランザクション スクリプト機能は Web サーバからユーザのブラウザまで、複合サイトが正常に動作していることを検証します。

00:00:00.000

なぜリアル ブラウザを使用してサイトを監視するのですか?

複数のソースを連携動作させ、JavaScript、Flash、Ajax、および CSS を使用してコンテンツを提供するために使用される現在の Web 2.0 技術は、すべて RIA (Rich Internet Applications) として知られています。RIA では、サイトのコンテンツの実行の多くは Web 上ではなくクライアントのブラウザ上で発生します。例としては、Web 2.0 技術を使用してユーザが協働および情報共有することを推奨するソーシャル ネットワーキング サイト、Facebook、および YouTube が含まれます。Amazon のリッチなメディア サイトも、マルチメディア広告およびアニメーションを表示する Web 2.0 技術に依存しています。

従来の監視では、ブラウザの一部である HTTP プロトコルのみがシミュレートされます。対照的に、リアル ブラウザ監視は本物のブラウザであり、単純な HTTP Web 確認では実行されない複数接続の使用、ページのレンダリング、DOM の構築、および JavaScript の実行が行われます。この一例としては、Curl 対 Internet Explorer です。

従来の Web サイト監視では、ネットワーク接続の確認も RIA の実行も行われないため、実際のエンド ユーザ サイト エクスペリエンスについては正確にはレポートできません。リアル ブラウザ監視では、エンド ユーザのブラウザを使用してテストが行われます。RIA の非同期通信がどのように管理されているのか確認し、ブラウザの実行時間についてレポートします。

CA App Synthetic Monitor ダッシュボードには、正確なダウンロード シーケンスの詳細を提供するレポートが用意されています。遅延とエラーを引き起こしているサイトのコンポーネントを突き止めることにより、サイトが最良のエンド ユーザ エクスペリエンスを提供できるように最適化できます。

CA App Synthetic Monitor リアル ブラウザ監視の機能はどのようなものですか?

  • 実績のある CA App Synthetic Monitor Recorder を使用した (ナビゲーション トラフィックではなく) ユーザ インタラクションの記録
  • リアル ブラウザを使用した再生 (FireFox から対応。Chrome にも近日中に対応)
  • 60 以上のグローバル監視ステーションから実行する監視
  • トランザクションの各ステップにおけるスクリーンショット
  • ブラウザにロードされる Web サイトの時間調整スクリーンショット (例: 白画面から全ページまで)
  • 各ステップにおけるページ内の全埋め込み要素 (イメージ、CSS ファイルなど) のウォーターフォール チャート

CA App Synthetic Monitor Recorder

CA App Synthetic Monitor Recorder は、リアル ブラウザ監視スクリプトの記録を支援するように設計された、単純なキャプチャ再生およびドラッグ アンド ドロップ スクリプト作成ツールです。このツールには、複雑かつ非常に動的な Web サイトをナビゲートするスクリプトの作成を可能にする強力な機能が含まれています。スクリプトはリアル ブラウザの共通フォーマットにエクスポートし、アカウントにアップロードできます。 CA App Synthetic Monitor Recorder は、誰にでも使用できるくらいシンプルである一方で、業界の大きなニーズに応えられるように設計されています。

ナビゲーション モード

レコーダでは、ナビゲーション モードでスクリプトが記録されます。これは、本質的には、HTTP リクエストが単にキャプチャされるのではなく、ユーザがクリックするブラウザ要素がキャプチャされることを意味します。このため、スクリプトを再生すると、レコーダは記録時にユーザがクリックした元のブラウザ要素を検索し、それをクリックする動作をシミュレートします。 ナビゲーション モードの 2 つの主な利点を以下に示します:

  • 複雑なページの記録がしやすい
  • ナビゲーション モードではユーザ インターフェースが明示的に使用されるため、インターフェースが壊れている場合に問題をとても発見しやすい

最新の安定版 CA App Synthetic Monitor Recorder は、以下のリンクからダウンロードできます (推奨):

CA App Synthetic Monitor Recorder のダウンロード

お試しください

30 日間の無償トライアルサブスクリプションにサインアップしてください。

  • CA App Synthetic Monitor Recorder をダウンロードします
  • Web トランザクション スクリプトを記録します
  • スクリプトを保存します
  • CA App Synthetic Monitor Dashboard にログインし、[設定] ページに移動します
  • 促されたときに保存したスクリプトを新しい監視にアップロードします
  • 残りの手順を完了し、[保存] をクリックします